ABOUT 素材と技術

眼鏡加工機械について

リム線を3次元に加工できる「ベンディングマシーン」
金属を叩いて伸ばす「スエージングマシーン」
金属を3次元に削る「マシングセンタ」
金属やアセテートを切断する「レーザー切断機」を主に扱っています。

ベンディングマシーン

ベンディングマシーン

リム線(針金みたいなもの)と言われる金属メガネのレンズを保持する輪っかの部分があります。
レンズを受け止める溝が掘ってあるリム線をレンズの外側の形状に合わせてカタチつけ尚且つレンズの湾曲に合わせてカーブ付けします。
一度にレンズの形状、カーブに合わせた形状付けをできるようにする機械で眼鏡の加工工程を短縮させました。

スエージングマシーン

スエージングマシーン

丸線といわれる針金のような金属の丸い線を金属を叩いて強度を増すことと次の工程にスムーズに進めるような形状付けを一度に行います。

レーザー切断機

レーザー切断機

刃物で削れないような微細な形状切断を行えるようになりました。刃物の太さ分を省いて切断できるので材料を無駄なく切断することができます。金属、樹脂とも切断可能です。

ページ上部へ